庭とのつながりを感じられる家

お知らせ2024.6.28

施工事例

 

 

 

重心の低い、どっしりとした佇まいの平屋。

手作業で燻した天龍焼杉の銀混じりの黒と独特のツヤが、他にはない存在感を放っている。

 

 

 

外壁「焼杉」と照明「ルイスポールセン」のコーディネートは

弊社が手掛けた宿泊施設 URASHIMA VILLAGE を参考にしたもの。

 

 

 

デッキにかかった深い軒で、庭とリビングの一体感を感じられる設計に。

窓の向こうに広がる芝生の庭はあえて北側に作ったことで、1年中安定した光が入ってきます。

お子様もデッキや部屋を走り回って、のびのびと過ごせる開放的な空間に。

 

 

 

料理が趣味のご主人希望のシンクとコンロをセパレートしたⅡ型キッチン。

休日は友人たちと楽しむバーカウンターに。

 

 

 

朝起きて鏡を見ると気分が上がる、明るい造作の洗面所。

 

 

 

LDKと直接つながるバイク専用のインナーガレージ。

雨の日のお買い物にも安心。

 

 

 

 

 

竣工:2022年1月

家族構成:夫婦+子ども2人

延床面積:114.21㎡(34.55坪)

 

お知らせ
  • お知らせ
    2024.7.16
  • お知らせ
    2024.7.16
  • お知らせ
    2024.7.12
  • お知らせ
    2024.7.01
  • お知らせ
    2024.6.28
  • お知らせ
    2024.6.10