クリエイティブな家物語

スクラップしたイメージをもとに、クリエイティブな家づくり。

 

田園風景を背景に牧歌的な雰囲気を醸し出すM邸。玄関までのアプローチはあえて細く設計し、情緒的な小道を演出。この回廊を抜けたあと、玄関ドアを開けると開放的な住空間が広がり、そのコントラストが訪れる人を最初の感動に導いてくれます。

「土地探しからお世話になったんです。住宅が密集している分譲地はいやだったので、今の土地に出会うまでが長い道のりでした」。奥さまがいうように、開口部が多いM邸は住宅密集地だと人の目が気になって実現しにくい間取りです。土地条件も味方してくれたからこそ叶えられた理想郷。自由な窓設計が住空間を美しく切り取っているのです。

M邸は奥さまのイメージを凝縮した家。「こんなキッチンがほしい」「こんな風合いが好き」など、設計士である藤田社長に好みを存分に伝えたと語ります。「言葉だけでは伝わらないので、雑誌や専門誌から気になる写真をスクラップして見てもらいました。社長とイメージを共有することで、家づくりはどんどん楽しいクリエイティブなものになっていきました」と当時を振り返ります。

例えばキッチン。対面式が多いなか、壁付けにしてワイドな窓を付けました。窓の向こうはバルコニー。バーベキューをするときは窓から食材を出し入れできます。そして、朝焼けに照らされた田園風景を眺めながら朝ごはんを作ることができるのです。ダイニングエリアはキッチン横の延長線上に設計し、動線は最小限に抑えています。造作のキッチンや収納棚も奥さまのイメージどおりに再現したもの。「最初のイメージの共有がうまくいったので、社長や大工さんから提案されることはすべてワクワクするものでした」と奥さま。いっぽう金丸工務店の藤田社長は「私たちの職人魂に火をつけられたようだった」と語ってくれました。施主と設計士と大工が一丸となって築き上げたM邸。悩んだ分だけ、考えた分だけ、迷った分だけ、愛おしさも倍増です。

 

1-a

 

シンプルなシルエットなのに個性が光る外観。木の窓枠もアクセントに。

 

1-b

玄関はあえて狭くしたアプローチを通っていく仕掛けに。

 

2-a

自然素材とアイアンのコラボレーション。木にも土にも合わせやすい素材。

 

2-b

外壁は火山灰でできた「そとんかべ」を使い、「掻き落とし」技法で質感をアップ。

 

3

玄関のちいさなワンシーンも絵になる、スリッパの特等席。

 

4

玄関を入ってすぐの壁には帽子やコートを掛けられるように。

 

5

飾るも、しまうも美しい生活空間。暮らしを愉しむ様子がうかがえます。

 

6

 

リビング横の窓を開ければバルコニー。バーベキューにも最適。

 

7-a

奥さまこだわりの造作キッチン。ステンレスと木目、タイルと木枠の調和が美しい。

 

7-b

窓辺のワンシーン。さりげなくてかわいくて、おもわず顔がゆるんでしまう。

 

8

奥さまがこだわった収納棚は取っ手部分がレザーに。

 

9

壁に掛けられたリースもさりげなくておしゃれ。

 

10

お部屋に花を生ける、それだけで空間が息を吹き返すよう。

 

11

薪ストーブは、ときに乾燥機代わりに。

 

12

トイレのワンコーナーにも色使いや質感のセレクトが光る。

 

13

日常を彩るデザイン性の高いグッズは、まさにアート。

 

14

ママからの忠告ですぞ。(笑)

 

15

外国のバスルームを思わせる素敵な空間。窓を開ければ露天風呂気分。

 

16

ふたつめのトイレにはこんな遊びゴコロも。

 

17

青い扉は黒板になっていてコミュニケーションツールとしても活躍。

お客様の声
  • お客様の声
    2016.3.16
  • お客様の声
    2016.3.16
  • お客様の声
    2016.3.16